TOP

風俗にも常識がある!体験談を読んで、ルール守って楽しく風俗!

チラ見せ効果は絶大だった

自分がこの間、都内某所で行った風俗は、性感エステで、O町では結構新しく出来たばかりの店みたいでした。待機している女の子の人数も二十人くらいと少なめで、これから流行るのか、売り出すのか?と言う感じの店でした。自分好みのボインを指名すると「こんばんは〜」と声を掛けられ、思ったより綺麗なボインちゃんだった事に驚きました。下は下着だけで、上は谷間が見えるようなざっくり開いたシャツを着ていて、もう、セクシー過ぎて嬉しかったです。お風呂場へ向かうと女の子は下着を付けたままで全身を丁寧に洗ってくれました。それからベッドでプレイ開始になるわけですが、マッサージの準備をしている彼女からチラチラ見える彼女のお尻には大興奮出来ました。そのチラ見せっていうか、そう言うのがそそられるんです。見えそうで全部は見えないのが何とも言えなくてその後のマッサージが始まっても終始チラチラ彼女の下着姿を見て楽しむ事が出来ました。また給料が入ったら行きたいです。


膝抱っこは好きだったのに

ボックス席に通されると、すぐにソフトドリンクを持って来てくれて待ち時間を過ごします。お店によっては待機場所があったりするんですけど、このセクキャバはとりあえずはフロアに通すようですね。席の数も多いしこっちのほうがいいですね。まあここでどのくらい待つのかにもよりますけど、今回は15分待ちとスタッフに言われましたよ。システム的にはいいと思うんですけど2席ごとに仕切られている為、お隣さんの行為が丸見えなんですよ。まあそれでもピンサロで同じような配置があってしゃぶられてるのを隣のおじさんに見られているのは恥ずかしかったですけど、ここはセクキャバですからね。何かしたにしてもおっぱい触るくらいだし、恥ずかしいのは女の子のほうだと思うんですけどこういうところの改善提案みたいなのはないのかな、なんて思いますけどね。逆にこれがおたがいの監視になっている面もあるかもしれませんけどね。いまはどこもうるさくなって下半身はタッチ禁止になりましたからね。それまではお尻くらいはタッチOKだったんですけど、境目がわからないから駄目になったのかもしれませんね。女の子がしてくれる膝抱っこは好きだったのにあれもなくなったのかな。


初めての高級デリヘル体験

六本木のデリヘルで働く女性は容姿が良いだけでなく、身のこなしや性格、笑顔など何拍子もそろった女性が多く在籍しています。六本木は高級デリヘル店が軒を連ねており、女性のレベルも上がるのは当たり前のことです。今回はこの六本木でデリヘル遊びをした記録です。会社の取引先の社長と六本木のクラブで飲んでいたところ、社長がデリヘルを呼ぼう、と言い出しまして、一緒についていくことにしました。お金の心配はいらないということで、これは超ラッキーです。何もかも社長のお任せですが、ここは六本木です。ハズレはなかなか出ないと信じてタクシーでホテルへ向かいます。あとで知ったのですが、このデリヘルは60分50,000円だそうで、ちょっとビビりました。話は戻って、ホテルに別々に入り、女性を待ちます。やって来た女性はビックリするような美人さん。元グラビアアイドルだというじゃないですか。こんな自分を相手にしてくれるなんて申し訳ないくらいです。さすが六本木です。一気に緊張してきてしまったのですが、それを見た女性は一緒にお風呂に入りましょう、と誘ってくれました。優しく洋服を脱がせてくれて、その間もキスを忘れずされるがままです。もうプレイが始まっているんですね、全身を密着させるように泡まみれになり体を洗いました。こうなったら全部委ねてみよう。そう思いました。ベッドへ移動し、マグロでいると、全身リップで隅々を舐めまわしてくれます。股間に到達すると、ゆっくりと口に含み、唾液を使ってジュボジュボとディープスロートを繰り返します。そんなにすぐにはイケないので、最初は我慢していましたが、テクニックがすごすぎて、それからあっという間にイッてしまいました。最高でした。もうほかのデリヘルには行けそうにありません。このままでは終われませんので、嬢を気持ち良くさせる番です。できる限りのテクを駆使して愛撫しました。満足させられたかはわかりませんが、力を尽くしました。遊ばせてくれた社長に感謝。また明日から仕事がんばらないとな、と思いました。